「エムブリヲ奇譚」作品情報

男が手にしたのは人の胎児・エムブリヲ。切なさの中の暖かさ、珠玉の一作。

エムブリヲ奇譚

旅本作家・和泉蝋庵の荷物持ちである耳彦は、ある日不思議な"青白いもの"を拾う。それは人間の胎児であるエムブリヲと呼ばれるもので…。迷い迷った道の先、辿りつくのは極楽の温泉かこの世の地獄か───。

  • 発売日 :
  • サイズ : B6判
  • 定価 : 本体600円(税別)

ISBN : 9784040692517


「エムブリヲ奇譚」シリーズ